沖縄と鳥取の女と出会います

不思議な沖縄&鳥取の出会いの魅力

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 最近は鳥取の出会いが必要となる | TOP | 沖縄では知っている人はいますか? >>

2019.07.03 Wednesday

沈黙に触れる鳥取の出会い

0


    細い心( '・ω・ `)

    寝て寝よう( '・ω・ `)

    四国在住の90歳の詩人、坂村さん
    彼は「冬が来ると」という詩を賞賛します。

    「冬が来たら鳥取の出会い

    冬について考えるだけ

    冬を遠ざけようとしないでください

    むしろ

    冬の魂に触れる

    冬の生活に触れよう

    冬が来ると鳥取の出会い

    冬だけ

    深さと空想

    沈黙を知りましょう

    冬は私の姪鳥取の出会い

    私は孤独になりました

    それは魂の絆です。 「

    この詩について

     

     

    鳥取出会い


    私の妹の渡辺和子

    この冬を「老年」という言葉に置き換えると、深い味わいがあると言われています。

    私達が年をとるとき、私達は過去の季節を気にしない、
    それをストーブの上に置かずに冬の寒さをカバーしようとしないでください。

    むしろ先に鳥取の出会い

    「冬の魂、

    冬の生活に触れようとすることは重要です。

    冬だけの宝

    老齢のみ

    私はそれを味わうことができます。


    深さと重大度鳥取の出会い

    「静けさ」

    それは私を中毒にします。

    したがって、老年期には、

    それまでに、その人は

    私が味わったすべての経験

    統一して理解する

    それは「魂の絆」になります。

    彼はまた「私は年をとった」と言っている。

    あれは

    「リアルハウス」

    到達すること

    それは人間にとって必要です。


    老年は恵みの時であると言われています。

    私はそれが高齢者に勇気を与える言葉だと思います。o多くの経験があります。

    人生の冬に逃げることなく、

    楽しむ余地があります鳥取の出会い


    コメント

    コメントする









    ▲top